看護局 スペシャリスト

地域の方々の健康をまもり、よりよい生活ができるよう外来通院から入院、在宅療養へと様々な場面で真心を込めてサポートさせていただきます。
ご相談のある方は患者サポートセンターまたは各科外来までご連絡ください。


皮膚・排泄ケア認定看護師

伊藤 裕子・濱本 ますみ

 褥瘡や下腿潰瘍などの創傷とストーマ、失禁のケアを専門に行っています。難治性潰瘍・褥瘡やストーマケアでお困りの場合等、ご相談下さい、処置やケア方法などアドバイスさせていただきます。
 ストーマ外来や訪問看護を通して安心して日常生活が送れるよう、入院から在宅に移行した患者さんに継続して関わっています。

ページの先頭へ

緩和ケア認定看護師

松岡 サチ子・山本 起美代・竹内 美保・川崎 奈津子

 私たちは、がんと診断された時から緩和ケアを提供するために、6階東病棟と9階病棟、患者サポートセンターで勤務しています。その他に、毎週火曜日は緩和ケア外科外来、毎週金曜日は緩和ケアチームラウンドを行っています。患者サポートセンターでは、がん相談も承っています。私たちは、身体的症状のつらさのみでなく、気持ちのつらさや、社会的つらさが緩和できるように、患者・家族に寄り添い、自分らしく生きるために共に考え支援しています。

ページの先頭へ

感染管理認定看護師

山田 昌矢・赤嵜 大志

 感染対策室と結核モデル病床を保有する8西病棟に在籍し、それぞれのフィールドで感染管理を行っています。感染症発生の監視や病院環境のチェックなどを行い、感染対策におけるリスク管理を行っています。現場での感染対策の現状を把握しリスクを分析し、改善を促すことで患者さんを新たな感染から守れるよう努めています。

ページの先頭へ

摂食・嚥下障害看護認定看護師

佐々木 みさえ・東田 ひろみ・岡田 慶子

 当院では、飲み込みの機能が低下している患者さんに対し、飲み込みの検査(嚥下内視鏡・嚥下造影検査)を実施しております。評価に基づき口腔ケアや嚥下訓練を実施し、飲み込みの機能の改善を目指しています。(外来患者さんの場合は、1泊2日入院)他職種と連携しながら、患者さんの食べたい気持ちを支え、食べる楽しみに繋げる援助をしております。

ページの先頭へ

乳がん看護認定看護師

工藤 優子

 病棟では、術前訪問や術後の退院指導・リンパ浮腫指導、補整下着等の相談を行っています。また、火・木曜日の午後にはリンパ浮腫ケア外来を担当しています。リンパ浮腫発症後の日常生活指導・スキンケア・弾性包帯やスリーブの紹介、処方をしています。また、リンパ浮腫に限らず、乳がん術後で退院後の生活での悩み、補正下着、医療用ウィッグ、メイクなどの相談にも応じ支援させて頂いています。なお、リンパ浮腫ケア外来は保険診療で行っています。

ページの先頭へ

がん性疼痛看護認定看護師

伊瀬 志穂

 がん患者の中でも痛みを我慢し、痛み止めの使用方法が適切でないことから疼痛緩和が十分にできていないことも多くみられます。がんと診断されたときから、治療期も含めて痛みを放置せず真摯に向き合い、治療の妨げとならないよう個々の患者にあった痛みのケアが必要です。薬や痛みの緩和ケア方法を組み合わせることにより患者とその家族にとってよりよい時間を少しでも長く過ごすためのサポートをするために活動をしています。

ページの先頭へ

がん化学療法看護認定看護師

小林 和子・竹内 亜由美

 私たちは、外来化学療法室と病棟に所属しています。入院期間が短期間となり外来治療へと移行しているため、入院期間中に外来化学療法室と連携を図り、情報共有しています。また、化学療法は繰り返し行われる治療のため、安全・安心・確実な投与管理や副作用のマネジメントを行いセルフケアができるよう支援し、その人らしい生活を送りながら継続できるようチームで関わらせて頂きます。

ページの先頭へ

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

東崎 生弦・筒井 雅恵

 脳卒中による運動障害、失語などの様々な障害に対し、患者さんの持っている可能性を引き出し、その人らしく暮らせるよう発症直後から支援していきます。また、脳卒中は再発が多い病気なので、再発予防に向けた指導にも力をいれていきます。

ページの先頭へ

認知症看護認定看護師

都丸 真以

 認知症の方にとって療養生活は、住み慣れた生活とは違い馴染みのない人間関係や環境、ストレスを感じやすい治療や検査、疾患に伴う苦痛などで、認知症の心理・行動症状(BPSD)を引き起こしやすくなります。これらを防ぎ悪化させないために、認知症の方の権利を擁護しながら想いを汲み取り、紐解きながら繋がる支援をさせて頂きます。

ページの先頭へ

手術看護認定看護師

小澤 健・伊藤 宣宏

 患者さんが安心して安全に手術が受けられるように、術前訪問による心理サポートに始まり、術後訪問による看護の評価までを手術看護として行っています。認定看護師は医療チーム間のマネジメント、相談・指導を行い、看護ケアの広がりと質の向上に努めています。患者さんやご家族が抱える、手術に対する悩みや不安が緩和できるように支援させて頂きます。

ページの先頭へ

救急看護認定看護師

佐々木 亮

 救急外来には怪我や体調不良などの様々な悩みや問題を抱えた方が来院されるため、緊急度や重症度を判別し、迅速かつ的確に治療が受けられるようにサポートをしています。突然の出来事によって、精神的動揺を来すことも多くあり、精神的なケアと同時に社会的なサポートを調整し、安全かつ円滑に入院や帰宅ができるように支援しています。

ページの先頭へ

集中ケア認定看護師

池尾 昭典

 集中治療室(ICU)では、生命の危機状態である患者さんが入院されます。その中で、適切なアセスメントから問題を明確化し、重症化回避と早期回復の看護ケアが重要となります。ICUで働く看護スタッフや、多職種と連携し一つのチームとして「重症化回避と早期回復」を目指しています。また、家族の方も精神的危機に陥る状態であり、家族看護にも力を入れています。一般病棟に退室された後も継続看護を行い、患者さんのQuality Of Life(生活の質)を向上できるよう支援させて頂きます。

ページの先頭へ

認定看護管理者

植村 真美・田渕 由美子・齋藤 千鶴子・中富 八千代・髙嶋 妙子・安藤 由美

 当院には認定看護管理者が6名います。
 地域の方々から愛され信頼される病院を目指し、日々看護管理業務を行っています。
 病院の理念の基、地域の方々との絆を大切に身近で安心できる看護局を目指し、組織が発展できる様に皆で力を合わせています。

ページの先頭へ

診療案内・アクセス

外来受付 午前
8:30~
午前
11:00
休診日 土日祝・年末年始
面会時間 平日 午後
2:00~
午後
8:00

土・日・祝
年末年始
午前
10:00~
午後
8:00

お問合わせ ・ アクセス ・ 診療時間

お気軽にお問合わせ・ご来院下さい

お問合わせ

お電話でのお問合わせはこちら

0562-33-5500

よくあるご質問
メールでのお問合わせはこちら

アクセス

〒477-8522
愛知県東海市中ノ池三丁目1番地の1
電話番号:0562-33-5500
FAX番号:0562-33-5900

アクセス方法・地図

診療案内

外来受付 午前
8:30~
午前
11:00
面会時間 平日 午後
2:00~
午後
8:00

土・日・祝・年末年始 午前
10:00~
午後
8:00
休診日 土日祝・年末年始
ページの先頭へ Copyright©2015 Nishichita General Hospital all rights reserved.