部門案内 医療安全管理室

業務・取り組み

1. 医療安全に関する情報やインシデント、アクシデントの報告書を収集・分析し、関連する部署とともに
 医療事故防止あるいは再発防止対策を検討し、重大な事故を未然に防ぐ努力をします。
2. 医療安全に関するマニュアルを作成し、見直します。
3. 職員の安全意識向上のために全職員を対象に医療安全に関する講習会を年2回以上開催します。 
4. 診療の向上を図るために、予期せぬ結果をまねいた症例について検討会を開催し、情報の共有化に努めます。

「医療安全管理」の基本的考え方

 医療従事者には患者さんの安全を守るための不断の努力が求められ、更に、日常診療の過程に幾つかのチェックポイントを設けるなど、医療事故という形で実害が及ぶことのないような仕組みを構築することが必要です。この考えのもとに、医療従事者の個人レベルでの事故防止対策と、病院全体の組織的な事故防止対策の二つの対策を推進することにより、医療事故をなくし患者さんが安心して安全な医療を受けられる環境を整えることを目標としています。

患者さんへのお願い

 患者間違いを防ぐために、注射、点滴、検査、処置を実施する場面では、患者さんご本人にフルネームで名前を名乗って頂くようにしています。また、同姓同名の患者さんがおられる場合がありますので、生年月日をお尋ねするなど、複数の方法で確認させていただきます。ご協力をお願いします。 

ページの先頭へ

診療案内・アクセス

外来受付 午前
8:30~
午前
11:00
休診日 土日祝・年末年始
面会時間 平日 午後
2:00~
午後
8:00

土・日・祝
年末年始
午前
10:00~
午後
8:00
ページの先頭へ Copyright©2015 Nishichita General Hospital all rights reserved.