診療科案内 小児科

当科の概要

 現在、常勤医2名、非常勤医4名で外来・入院診療(1次2次)を行っております。対象は新生児から主に中学生以下のお子さんで、急性扁桃炎・急性肺炎・急性胃腸炎・髄膜炎などの感染症や、喘息・食物アレルギー・アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患が多いですが、てんかん・熱性痙攣・川崎病・腸重積症(透視下空気整復法)・夜尿症・血小板減少性紫斑病・血管性紫斑病・低身長症・肥厚性幽門狭窄症(修飾硫酸アトロピン療法)・臍ヘルニア(綿球圧迫療法)・ファブリー病・ムコ多糖症など、小児科全般に幅広く対応しています。

ページの先頭へ

専門外来

 腎臓外来では、移植以外の小児腎疾患(ネフローゼ・腎炎など)に幅広く対応しております。健診で尿検査異常などあれば、お気軽にご相談下さい。その他、神経外来・アレルギー外来があり、とくに乳幼児食物アレルギーの診断・治療(食物負荷テスト・食事指導など)に力を入れています。

ページの先頭へ

検査

 院内では病原体迅速検査(インフルエンザ・RS・アデノ・ヒトメタニューモ・マイコプラズマ・溶連菌・ロタ・ノロ)・各種培養検査・一般血液/尿検査・レントゲン・心電図・超音波・呼吸機能・脳波・ABR(聴性脳幹反応)・CT/MRI/シンチグラム・食物アレルギー負荷テストなどの検査が行えます。その他、アレルギー抗体検査・各種ウイルス抗体検査・染色体検査などなど可能です。

ページの先頭へ

予防接種

 定期接種では、ヒブ・PCV13(肺炎球菌)・DPT-IPV(四種混合)・DPT(三種混合)・BCG・DT(二種混合)・IPV(不活化ポリオ)・MR(麻疹・風疹混合)・水痘(みずぼうそう)・日本脳炎・HPV(子宮頸癌)ワクチンが接種可能です。また、任意接種では、ロタ・ムンプス(おたふく風邪)・インフルエンザ・A型肝炎・B型肝炎・麻疹・風疹ワクチンが接種可能です。予防接種で防ぐことが出来る疾患は(VPD)は限られています。積極的に接種していきましょう。近年はワクチン接種がかなり複雑になっています。接種スケジュールを立てますので、お気軽にご相談下さい。海外渡航に伴う接種証明書も発行いたします。

ページの先頭へ

基本方針

 大切なお子さんの病気は、ご家族を大変不安にさせるものです。私たちは日頃からご家族の心配を出来るだけ解消するように、病状や治療に関して丁寧な説明をし、患者さん本位の診療に心掛けています。また、より専門的な診断・治療が必要なお子さんは、3次医療機関(あいち小児保健医療総合センター・名古屋第一赤十字病院・安城更生病院など)への窓口となりますので、安心して受診してください。入院は付き添いのご家族も大変なストレスですので、改善すれば早めに退院していただいております(平均4-5日間)。

ページの先頭へ

休日夜間診療

 小児科医は当直をしておりませんが、当直医の呼び出しには24時間対応しております。高熱だけを理由に受診する必要はありませんが、状態が悪く正規の時間まで待てないようなお子さんは、救急外来を受診してください。緊急性があるかどうかの判断に迷うときは、日本小児科学会のサイト「こどもの救急(外部リンク)」を参考にするか、電話で当院の看護師にお尋ね下さい。

ページの先頭へ

病児・病後児保育

 病院敷地内で病児・病後児保育が行われておりますが、管理運営は委託業者に任されており、当院小児科は関わっておりません。

ページの先頭へ

常勤医師紹介

役 職 氏 名 主な認定資格
小児科部長 青嶋 努 医学博士
日本小児科学会小児科専門医
小児科部長 山田 晃郎 日本小児科学会小児科専門医
日本小児科学会小児科指導医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本腎臓学会指導医
日本臨床腎移植学会腎移植認定医
日本移植学会移植認定医

ページの先頭へ

診療案内・アクセス

外来受付 午前
8:30~
午前
11:00
休診日 土日祝・年末年始
面会時間 平日 午後
2:00~
午後
8:00

土・日・祝
年末年始
午前
10:00~
午後
8:00
ページの先頭へ Copyright©2015 Nishichita General Hospital all rights reserved.