診療科案内 歯科口腔外科

当科の概要

 歯科口腔外科は、主に、歯とその支持組織である顎骨、顎関節、歯肉や舌などの口腔粘膜、唾液腺などの口腔を含む顎顔面領域の疾患を治療の対象にしています。具体的な例として、智歯(親知らず)の抜歯や、歯肉や顎骨が重度に化膿して生じる蜂窩織炎や骨髄炎、歯根の先端に膿が貯まった袋ができる歯根嚢胞、顔の外傷や歯の脱臼、顎の骨折、口の中にできる腫瘍などが代表的なものです。

 当科では下記のような抜歯を最も多く扱っている他、顎矯正手術やインプラント治療などの特殊な治療にも取り組んでおります。もちろん口腔外科疾患全般に対応しておりますが、病状に応じて大学病院等の高次医療機関とも連携して対応いたします。また、境界領域の疾患については耳鼻いんこう科など関連各科とも協力して診療しております。

 この他、総合病院内の歯科口腔外科の役割として他科と連携して入院患者の口腔ケアや周術期口腔管理を行っております。
 また地域完結型医療を推進するため当科は2次医療機関として地域医療機関との連携に努め、口腔外科診療を中心にしておりますので、原則として虫歯や歯周病、義歯の作製などの一般的な歯科診療は行っておりません。当科を受診の際は、かかりつけの歯科医院より紹介状をお持ちになり、お薬を内服されていればその内容がわかるお薬手帳などを持参して、受診していただくようご協力をお願い致します。


抜歯(埋伏歯・有病者)

 智歯(親知らず)の多くは傾斜していたり、歯肉(歯茎)の下に埋まっているため抜歯が難しく、口腔外科で行われています。当科も智歯の状態に応じて外来小手術で処置する場合から入院下で鎮静法の併用や全身麻酔での抜歯まで広く対応しております。特に複数の智歯を抜歯しなければいけない場合、1泊2日の入院で一括抜歯を行っております。なお、原則として初診当日での外来小手術(埋伏歯の抜歯など)は行えませんので、あらかじめご承知おき下さい。

 また抗凝固療法や透析治療などの治療を受けていて一般開業歯科では困難な抜歯などの外科処置にも対応しております。主治医や歯科からの紹介状と服用している薬がわかるお薬手帳などをご持参下さい。

顎変形症(骨格性不正咬合)

 一般に歯並びや咬み合せが悪いことを不正咬合といい、歯科矯正治療をしますが、顎変形症とは咬合のズレや乱れが大きく通常の矯正治療だけでは治療ができず手術も必要とする状態のことです。顎変形症治療では、矯正歯科と協力しながら治療を進めますが、当科では入院、手術を担当して治療しています。標準的なLe Fort I型骨切り術や下顎枝矢状分割術はもちろんのこと、多くの術式に対応しております。

歯科インプラント治療

 歯を失った部位に新たに歯を補う治療を補綴治療と呼びます。ブリッジ(隣在歯に装着)や義歯による治療が一般的ですが、第3の治療として歯科インプラント治療が普及してきました。顎骨にインプラント体を埋入して、その上に人工歯を装着する方法です。当科では顎骨の状態を調べるためのCT撮影から手術や補綴まで紹介医からの要望に応じて対応しています。また骨量不足のため治療が困難な症例に対する上顎洞底挙上術や骨移植術などのインプラント前処置も可能です。

ページの先頭へ

常勤医師紹介

役 職 氏 名 主な認定資格
歯科口腔外科部長 織田 元 歯学博士
日本口腔外科学会口腔外科専門医
日本環境感染学会推薦ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター
歯科口腔外科部長 小田 知生 医学博士
日本口腔外科学会口腔外科専門医
日本有病者歯科医療学会専門医
日本有病者歯科医療学会指導医
日本有病者歯科医療学会推薦ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター
歯科口腔外科部長 松本 行史 医学博士

ページの先頭へ

診療案内・アクセス

外来受付 午前
8:30~
午前
11:00
休診日 土日祝・年末年始
面会時間 平日 午後
2:00~
午後
8:00

土・日・祝
年末年始
午前
10:00~
午後
8:00
ページの先頭へ Copyright©2015 Nishichita General Hospital all rights reserved.