診療科案内 乳腺外科

当科の概要

 乳腺外科では乳腺疾患全般、主に乳癌に関する診断・治療を行います。乳癌では視触診、各種の画像検査、細胞診・組織診で進行度を調べ最適な治療方針を決めます。最近は検診発見の乳癌が多くマンモグラフィ等の画像所見がきっかけとなって見付かることが増えてきました。以前のように胸に乳癌を疑うしこりを触れて来院するといった方は少なくなってきました。当院は、健診センターを院内に持っているため、個々のデータを含め画像が共有されており、検診異常発見から外来での精査までスピーディに行うことができます。火曜日の午後、木曜日の午後の乳腺外科は完全予約制です。
外来診療の担当医師一覧表もご覧ください。

 画像診断装置としては、通常のマンモグラフィ装置(乳腺を圧迫して組織の重なりを少なくする乳腺専用のレントゲン検査)に加え、最新鋭のトモシンセシス装置(角度を種々変えてマンモグラフィよりもさらに組織の重なりを減らす乳腺専用のレントゲン装置)を導入しました。両方を同時に撮影しても通常のマンモグラフィの被曝量のせいぜい1.5倍程度です。女性が対象となりますので、撮影は全員女性の診療放射線技師が行っています。

 最新鋭の3テスラーのMRI装置を導入しました。従来の1.5テスラーに比べて格段に乳腺画像診断能が上がりました。

 診断のために細胞診・組織診が必要となりますが、外来診察室で移動することなく行っています。また診断は、病理診断医および細胞診専門医と細胞検査士で行っています。

 乳癌の治療については、その進行度に応じて日本乳癌学会治療ガイドラインに準じて行っています。もちろん御本人の希望等の種々の事情で治療内容は変わりうるものです。乳癌治療について詳しく調べたい方は、日本乳癌学会ホームページを検索してみてください。乳癌の治療は手術、放射線治療、化学療法(抗癌剤治療)、ホルモン治療の組み合わせとなりますが、これは個々の乳癌の進行度(腫瘍の大きさ、リンパ節転移のあるなし、他の臓器への遠隔転移のあるなし)と、個々の乳癌の性状、面構え(ホルモン活性のあるなし、増殖能の強弱)によって治療方針がおおむね決まります。また治療の際、医師とともに乳がん看護認定看護師がいつでも相談に応じます。
 乳癌治療の合併症として腋窩リンパ節郭清、照射後の患側上肢のリンパ浮腫が問題となりますがリンパ浮腫指導技能者(LETTA)の資格を持つ看護師によるリンパ浮腫外来を火曜日と木曜日の午後に行っています。
 乳癌の化学療法では、入院化学療法に加え、外来化学療法でも行っています。医師、がん専門薬剤師、がん化学療法看護認定看護師がいつでも相談に応じます。
 乳癌の治療は、手術のみで完結するものではありません。逆に手術が治療の始まりになることが多い疾患です。このため多部門でのチームワークが必要となっています。
 乳腺について気になる方は、遠慮なく乳腺外来を受診してください。

ページの先頭へ

常勤医師紹介

役 職 氏 名 主な認定資格
乳腺外科部長 小川 明男 医学博士
日本外科学会外科専門医
日本外科学会外科指導医
日本消化器外科学会認定医
日本消化器外科学会消化器外科専門医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本乳癌学会認定医
日本乳癌学会乳腺専門医
日本乳癌学会評議員
日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学スタッフ委嘱)
日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医
東海外科学会評議員
日本体育協会公認スポーツドクター
全日本柔道連盟医科学委員会特別委員
麻酔科標榜医
乳房再建用エキスパンダー/インプラント責任医師
日本乳癌検診制度管理中央機構乳房超音波講習会A評価

ページの先頭へ

診療案内・アクセス

外来受付 午前
8:30~
午前
11:00
休診日 土日祝・年末年始
面会時間 平日 午後
2:00~
午後
8:00

土・日・祝
年末年始
午前
10:00~
午後
8:00
ページの先頭へ Copyright©2015 Nishichita General Hospital all rights reserved.