診療科案内 外科

当科の概要

 当科は常勤医師7名と呼吸器外科、肝胆膵外科、血管外科の非常勤医師4名で、様々な疾患の外科診療を行っています。その診療範囲は胃・大腸・肝臓・胆嚢・膵臓などの消化器疾患を中心に、乳腺疾患、甲状腺・副甲状腺などの内分泌疾患、肺・縦隔などの呼吸器疾患、末梢静脈などの血管疾患など多岐にわたります。

 当科は内科と緊密に連携して正確な術前診断を行い、それぞれの患者さんごとにその病態に応じた適切な術式を選択することを信条としています。近年注目を浴びている鏡視下手術にも力を入れており、胆石症・そけいヘルニアなどの良性疾患の手術だけではなく、胃がん・大腸がんなどの悪性疾患の手術や、虫垂炎・胆嚢炎・腸閉塞などの緊急手術においても腹腔鏡下手術を積極的に行い患者さんへの負担が少なくなるよう努めています。

 院の前身である東海市民病院と知多市民病院の両院では2014年に計645件の全身麻酔手術を行っており、その内訳は胃43例(うち腹腔鏡14例)、大腸90例(うち腹腔鏡45例)、胆嚢116例(うち腹腔鏡91例)、肝胆膵(胆嚢除く)29例、乳腺47例、鼠径部ヘルニア105例(うち腹腔鏡60例)、腹部緊急手術127例(うち腹腔鏡76例)などでした。

ページの先頭へ

診療内容紹介

当科で主に取り扱う疾患とその治療についてご紹介します。

上部消化管(食道がん、胃がん)

 胃がんに対する腹腔鏡下手術はすでに本邦の全手術数の36.6%を占めており(2011年、第11回内視鏡外科学会アンケート)、特に早期胃がんに対する腹腔鏡下手術はガイドラインで推奨される標準治療と位置づけられています。早期胃がんは切除すれば再発率が低いため、その治療においてはより患者さんへの負担を少なくすることが大切です。

 当院では早期胃がんに対して腹腔鏡下胃切除術を導入しており、患者さんには目立たない傷と術後の回復の早さに満足していただいております(患者さんの病気の進行度や全身状態、体型により、開腹手術となる場合があります)。進行胃がんは再発率が高く、徹底した治療で術後の再発を予防することが重要になります。従来から行われている開腹手術で徹底したリンパ節郭清や多臓器合併切除を行い、がんの完全切除による根治性の向上を目指しています。
 食道がんは比較的少ない病気ですが、患者さんやご家族とご相談しながら、それぞれの方に合った最善の治療を行っています。

下部消化管(結腸がん、直腸がん)

 大腸がん(結腸がん、直腸がん)に対する腹腔鏡下手術はすでに全手術数の47.3%と約半分を占めており(2011年、第11回内視鏡外科学会アンケート)、特に早期結腸がんに対する腹腔鏡下手術はガイドラインで推奨される標準治療と位置づけられています。当院では結腸がん、直腸がんに対して腹腔鏡下手術を積極的に行っており、患者さんには目立たない傷と術後の回復の早さに満足していただいております。

 早期がんだけではなく進行がんでも病状を十分にご検討させていただき、可能である方には腹腔鏡下手術を積極的に行っています(患者さんの病気の進行度や全身状態、体型により、開腹手術となる場合があります)。

 肛門に近い直腸がんでは残念ながら肛門が残せずに人工肛門となってしまう場合もあります。当院では可能である方には積極的に内肛門括約筋切除術(inter-sphincteric resection:ISR)を行って肛門を温存するよう努めています。この手術はこれまでは人工肛門となっていた肛門ぎりぎりの早期の直腸がんに対して、腸と肛門とを体外から吻合することで肛門を温存する術式です。
 また残念ながらどうしても人工肛門が避けられない方でも、病棟には常勤の皮膚・排泄ケア認定看護師を有しており、術後も日常生活を快適に過ごせるようにサポートをさせていただいております。

乳腺(乳がん)

 日本人女性がかかる「がん」の中で第1位は乳がんです。年間約3.5万人が発症し、約1万人が死亡しています。しこりを触れて来院される方もみえますが、自覚症状がなく検診で発見される方もみえます。自覚症状はなく、マンモグラフィや超音波などで初めて分かる乳癌もあります。

 乳がんには様々なタイプのものがありますが、当院ではその特徴に応じて最新のデジタルマンモグラフィ、超音波、CT、MRIなどを適切に選択し、正確な診断を行うことを心がけています。
 残念ながら乳がんが見つかってしまった方には手術による切除が必要です。手術には乳房を全部取る手術と、乳房の一部分を切除して残りを温存する手術があります。当院では正確な診断に基づいた適切な手術で、可能な限り乳房を温存するよう努めています。
 また、乳がんの術後に手のむくみ(リンパ浮腫)で悩む方は少なくありません。リンパ浮腫は術後に腋窩のリンパ節を郭清(切除)した患者さんで高頻度に発生します。当院ではセンチネルリンパ節生検という術中迅速診断を行い、腋窩のリンパ節に転移があるかどうかを判断することで、転移のない腋窩のリンパ節に不必要な郭清を行わないよう心がけています。
 乳房が小さい方や、20~30代の方などでも乳がんになる可能性は十分にあります。乳房に不安を感じた場合は当院の外科にご相談ください。

胆のう(胆石症)

 胆石症とは、胆汁の成分が胆のうの中で固まって石ができる病気です。無症状で小さな胆石症の場合は様子をみても問題ありませんが、大きな石や、おなかが痛むなど症状のある胆石症は、放置しておくと胆のう炎、胆管炎や膵炎の原因となるので手術をおすすめします。

 胆石症に対しては、現在ではほとんどの病院で腹腔鏡下手術が行われていますが、当院では積極的に単孔式腹腔鏡下手術を行っています。単孔式腹腔鏡下手術とは、これまでは4つの小さな穴を開けそれぞれからカメラと鉗子(マジックハンド)を入れていたのを、おへそに1つだけ穴を開けてまとめて入れるようにして手術を行うものです。傷の数を減らすことでよりおなかの傷がより目立たなくなります(患者さんの病状や全身状態、体型により、通常の腹腔鏡下手術や開腹手術となる場合があります)。

そけいヘルニア(脱腸)

 そけいとは太ももの付け根の場所をいい、そけいヘルニアはそけい部をおおっている筋肉のつなぎ目の部位が年とともに弱くなり穴が空くことで、その穴から腸や内臓脂肪がおなかの外に飛び出してくる病気です。
 一般に「脱腸」とも呼ばれており、症状はそけい部が丸く盛り上がり、不快感や痛みを伴うこともあります。腸が飛び出したまま戻らなくなることを「ヘルニア陥頓(かんとん)」と呼びます。この状態のまま放置すると腸の血流が止ってしまい、いずれ腸が腐って穴が空き腹膜炎になります。この場合は緊急手術を行い腸管の切除と腹腔内の洗浄を行ないますが、時として命にかかわります。

 そけいヘルニアは手術以外に根本的な治療法はありません(薬やバンドで治ることはありません)。手術の方法は病院によって様々ですが、当院ではおなかを切らずに小さな穴から行う腹腔鏡下ヘルニア修復術を行っています。具体的には全身麻酔でおなかに3つの小さな穴を開けて、そこからカメラと鉗子(マジックハンド)を入れて、体の内側からヘルニアの穴をメッシュシートで被いふさぎます。この手術の特徴として、おなかを切る方法に比べて術後の痛みが軽度であること、大きなメッシュを使い広い範囲で筋肉のつなぎ目を被うことで一度に治すことが可能であること、さらには反対側をカメラで観察することでもし反対側にヘルニアになりそうな穴があったら同時に手術が可能であることなどが上げられます。
 そけいヘルニアは放置しておくと徐々に大きくなり、手術が困難になったり、ヘルニア陥頓となり命にかかわったりするため、症状が出現したら早めの手術をおすすめします。

肛門疾患(痔核)

 肛門疾患で最も多いものは痔核です。痔核とはいわゆるいぼ痔のことを言い、肛門の内側にできる内痔核と外側にできる外痔核の2種類があります。いずれも肛門内にある静脈が拡張したもので、症状は脱出、出血、いぼが触れるなどです。血栓性外痔核といって血液がうっ血して固まってしまい大きくなったものや、内痔核が飛び出して挟まってしまったものは痛みを伴うことがあります。
 外痔核は大きかったり、血栓性外痔核で痛みを伴ったりしたものは手術で切除します。内痔核は少量の出血や違和感だけであれば座薬で様子を見ることが多いですが、大量に出血したり、大きくなり飛び出たりしてしまう場合は治療が必要です。手術で切除する場合もありますが、当院では硬化療法(四段階注射法、ジオン注)で切らずに治す治療も行っています。硬化療法は手術と比べて痛みが軽度であり、また日帰りでの治療も可能です。

 デリケートな部分のご病気であるので、誰にも言えずに悩んでいる方が多いのが現状です。お困りの方はぜひ一度当院の外科にご相談ください。

その他の診療内容

 手術で切除できないがん(胃がん、大腸がん、乳がん)に対して、外来化学療法室で抗がん剤治療を行っています。常勤のがん化学療法看護認定看護師のもとで、安心して抗がん剤治療を受けていただけます。

 虫垂炎・胆嚢炎・腸閉塞などの腹部救急疾患については、夜間、休日であっても救急外来と連携して24時間体制で診療および緊急手術に対応します。西知多地域で唯一の救急病棟および集中治療室を兼ね備えた基幹病院として責任を持って治療にあたりますので、いつでも当院にご相談下さい。

ページの先頭へ

常勤医師紹介

役 職 氏 名 主な認定資格
院 長 浅野 昌彦 医学博士
日本外科学会認定医
日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会認定医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本医師会認定産業医
愛知臨床外科評議員
東海外科学会評議員
身体障害者福祉法に規定する指定医
副院長
健診部部長
健診センター長
生田 宏次 医学博士
日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会認定医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医
日本医師会認定産業医
診療部統括部長
外科部長
手術センター長
青野 景也 医学博士
日本外科学会外科専門医
日本外科学会外科指導医
日本消化器外科学会消化器外科専門医
日本消化器外科学会消化器外科指導医
日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医
日本医師会認定産業医
外科部長 服部 正興 医学博士
日本外科学会外科専門医
日本外科学会外科指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本消化器外科学会消化器外科専門医
日本消化器外科学会消化器外科指導医
東海外科学会評議員
日本DMAT隊員
外科部長 平田 明裕 医学博士
日本外科学会外科専門医
日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医
外科部長 山口 貴之 医学博士
日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本消化器外科学会消化器外科専門医
日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医
日本乳がん検診精度管理中央機構乳房超音波検診認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
外科医長 野尻 基 日本外科学会外科専門医

ページの先頭へ

診療案内・アクセス

外来受付 午前
8:30~
午前
11:00
休診日 土日祝・年末年始
面会時間 平日 午後
2:00~
午後
8:00

土・日・祝
年末年始
午前
10:00~
午後
8:00

お問合わせ ・ アクセス ・ 診療時間

お気軽にお問合わせ・ご来院下さい

お問合わせ

お電話でのお問合わせはこちら

0562-33-5500

よくあるご質問
メールでのお問合わせはこちら

アクセス

〒477-8522
愛知県東海市中ノ池三丁目1番地の1
電話番号:0562-33-5500
FAX番号:0562-33-5900

アクセス方法・地図

診療案内

外来受付 午前
8:30~
午前
11:00
面会時間 平日 午後
2:00~
午後
8:00

土・日・祝・年末年始 午前
10:00~
午後
8:00
休診日 土日祝・年末年始
ページの先頭へ Copyright©2015 Nishichita General Hospital all rights reserved.