部門案内 薬剤科

薬剤科

業務・取り組み

調剤業務

 調剤室では、医師の処方せんに基づき、錠剤、散剤、水剤などの内服薬や貼付薬、塗り薬、点眼薬などの外用薬の調剤を行っています。
 医師がオーダーした処方は、薬の量、飲み方、飲み合わせ等をチェックし、必要に応じ医師に確認した後調剤を行います。調剤された薬は、監査担当の薬剤師により再度全ての項目が確認され、患者さんの元に届きます。
 当院では、入院患者さんの薬を中心に調剤を行っています。外来患者さんの薬は労災・交通事故・時間外の救急外来を除き院外処方となりますので、原則保険薬局(かかりつけ薬局)での調剤となります。
 窓口では、インスリンの針や自己血糖測定関連、検査薬もお渡ししています。

注射調剤業務

 医師が処方した注射せんに基づき、入院患者さんの注射薬を個人別にセットして払い出しています。注射薬についても、薬の量、投与方法、配合変化、相互作用等をチェックし、必要に応じ医師に確認しています。
 食事などからの栄養摂取が不可能または不十分な患者さんに用いられる高カロリー輸液については、必要に応じて薬剤科内の安全キャビネットで混合調製を行っています。
 また、入院・外来患者さんの抗がん剤の注射薬については、薬剤師が混合調製を行っています。

製剤業務

 患者さんの治療・診断に必要な市販されていない薬について、医師からの依頼により安全性、有効性、調製方法などを十分に検討した上で調製しています。また、消毒薬の希釈・滅菌を行ったり、無菌環境を必要とする点眼薬等は安全キャビネットで調製しています。

医薬品情報管理業務

 薬の使用に際しては、それに伴う最新の情報が不可欠です。安全・有効な薬物療法を患者さんに提供するために必要な医薬品情報を収集し、医師・看護師・薬剤師をはじめとする全ての医療スタッフへ提供します。医薬品の添付文書改訂や(緊急)安全性情報等の周知、院内副作用発生状況の収集等があります。医薬品の情報についてすぐに確認できるよう、院内LANで医薬品添付文書検索を可能にするだけでなく、医療スタッフや病棟薬剤師と連携して情報発信を行っています。院内の医薬品に関する情報は全て集約しています。また、医薬品の採用・中止を審議する薬事委員会の事務局も務めており、資料を準備したり結果を通達しています。

薬剤管理指導業務

 入院患者さんの持参薬の確認、薬の説明、副作用や飲み合わせの確認、薬歴作成、病棟医薬品の管理等を行っています。各病棟1~2名ずつの担当薬剤師が、医師・看護師等と密に連携をとり患者さんの治療を支援しています。薬がなかなか覚えれられない、飲み忘れてしまう、といった患者さんには分かりやすい説明書を作成するなどして、理解や薬管理を支援しています。また、患者さんが飲みやすい・使いやすい剤形に変える工夫もしています。(錠剤⇒粉薬など)。
 退院時にはお薬手帳に経過を記載し、切れ目のない薬物療法を行えるように支援しています。

外来化学療法業務

 外来化学療法室に薬剤師を配置し、レジメン管理および外来・入院患者さんの抗がん剤の処方内容のチェックおよび無菌調製を行い、患者さんにも医療従事者にも安心・安全な抗がん剤治療を提供しています。外来患者さんへは使用しているお薬の説明・副作用の確認も行い、必要時には医師に連絡し副作用対策や治療内容変更の提案を行っています。
 近年、外来通院で抗がん剤治療を受ける患者さんは増加傾向にあります。他の病院の薬で処方を受けているお薬の内容も確認し、抗がん剤の治療に通院しながらも安心してご自宅で生活できるように、薬剤師の立場から支援しています。
 当院では、がん化学療法を安全に実施するための体制や各診療科の化学療法レジメンを化学療法委員会内で評価し、患者さんが安心して化学療法を受けられる病院となることを目指しています。薬剤科は、当委員会の事務局として、円滑な委員会運営ができるように日々活動しています。

チーム医療

 医療の現場では、多くの職種が一体となってその責務を果たしています。薬剤師も積極的に介入しています。

糖尿病教育

 糖尿病治療は、神経障害、網膜症、腎臓障害などの合併症を予防するためにも早くから取り組むことが大切です。そのため、患者さんやそのご家族に正しい知識をもって取り組んでいただくことが重要と考え、糖尿病教室や糖尿病教育入院を行っています。
 糖尿病教室のスタッフとして薬物療法の講義を担当し、糖尿病患者さんの治療を支援しています。

腎臓病教育

 腎臓病は糖尿病と並んで新たな国民病といわれています。腎臓病の患者さんができるだけ長く腎機能を保ち、末期腎不全の進行および透析導入を遅らせるために、患者さんやそのご家族に正しい知識をもって取り組んでいただくことが重要と考え、腎臓病教育入院を行っています。腎臓病教室のスタッフとして薬物療法の講義を担当し、腎臓病患者さんの治療を支援しています。また、透析導入患者さんに対しては透析教育も行っています。

栄養サポートチーム(NST)

 当院では、医師・看護師・管理栄養士・臨床検査技師・理学療法士・歯科衛生士・言語聴覚士・医療ソーシャルワーカー・薬剤師等からなる全科型のNSTが活動しています。各病棟で週に1回のラウンドを行い、患者さんに適切な栄養療法を提案しています。月に1回、医療者向けの勉強会も行っています。

緩和治療チーム

 緩和領域の質的向上を目指すため、医師・看護師・薬剤師を中心とした多職種で構成された緩和ケアチームが週に1回カンファレンスを開いています。緩和ケアは終末期だけでなく、診断時から疾患の治療と並行して行われることや、全ての患者さん、慢性疼痛疾患患者さんを対象に広げていくよう提唱されています。
 緩和ケアにおける薬剤師の役割は、薬剤の適正使用や副作用対策を中心とした薬物治療と、その教育・啓発に加えて、標準治療を目指すマニュアル作成なども行っています。迅速な疼痛緩和と全人的な痛みの軽減を目標に、他の医療スタッフとともに取り組んでいます。

感染制御チーム

 ICTメンバーによる感染予防策ラウンドを月に1回、医師・看護師・検査技師・薬剤師による環境ラウンドを週に1回行っています。環境ラウンドでは、消毒薬の適正使用(使用濃度・使用期限のチェック、手洗いおよび手指消毒の指導)や、物品の配置等が適切に行われているかを巡回して確認しています。
 また、広域抗菌薬の届出の確認や、投与期間・投与量などが適切に行われているかを薬剤師の視点からチェックし、抗菌薬や消毒薬の使用状況を把握しています。感染対策における地域の医療機関間の連携にも参画しています。

褥瘡対策チーム

 褥瘡(とこずれ)の予防と治療・看護には多方面からのアプローチが不可欠であるといわれています。褥瘡治療における薬剤師の役割は、局所治療に習熟し褥創治療に使用される薬剤および創傷被覆材の適正使用を進めていくことです。例えば、創傷面の湿潤環境に適した軟膏の基材を選択することなどが挙げられます。当院 では、医師・看護師・管理栄養士・医事職員とともに、褥瘡回診を行い、疾患・治療・栄養を考慮した治療支援を行っています。

認知症ケアサポートチーム(DST)

 我が国では2012年に「認知症施策推進5か年計画(オレンジプラン)」が策定されました。認知症と診断されていなくても認知症になる可能性のある状態の患者さんは多く存在しています。環境の変化によって不穏やせん妄を引き起こす場合も多くあります。そういう患者さんに対して医師・看護師・理学療法士・医療ソーシャルワーカー・管理栄養士・薬剤師など他職種でラウンド・カンファレンスを行い、サポートしています。

病棟カンファレンスへの参加

 各チーム活動のほかに、病棟で診療科別に行われるカンファレンスにも参加しています。

 ・緩和ケアカンファレンス
 ・外科カンファレンス
 ・呼吸器内科カンファレンス
 ・腎臓内科カンファレンス
 ・透析カンファレンス
 ・内分泌内科カンファレンス
 ・脳神経外科カンファレンス
 ・整形外科カンファレンス
 ・ 泌尿器カンファレンス

ページの先頭へ

学術活動

学会発表(過去3年分)

年月日 学会・研究会等の名称 演題名
2015.5.21~2015.5.24 日本糖尿病学会 インスリンデバイスの実臨床における利便性の調査
2015.7.18 愛知県病院薬剤師会 薬剤師に感染制御の知識は欠かせない(2)
2015.11.13 知多半島外科感染症研究会 公立西知多総合病院の感染管理体制
2015.11.21~ 日本医療薬学会 「感染防止対策加算」が管理原価と品質(安全)水準および総品質原価に与える影響
2015.11.23
2015.11.21~ 日本医療薬学会 メチシリン耐性黄色ブドウ球菌保菌者数と抗菌薬使用量およびAn antibiotic homogeneity index(AHI)の関連性について
2015.11.23
2015.11.21~ 日本医療薬学会 CKD患者の病態と腎機能を評価し、抗菌薬の適正使用の妥当性を考える(シンポジウム)
2015.11.23
2015.11.21~ 日本医療薬学会 外来化学療法室利用患者に対する診察前の薬剤師外来の利点と課題
2015.11.23
2016.2 愛知県病院薬剤師会 当院の感染管理体制とAMR(薬剤耐性)
2016.3.19 第3回中部腎と薬剤研究会交流会
~そらまめ塾~
CKD患者、他科の処方は要注意!~関節リウマチ編~
2016.6.3~2016.6.4 緩和医療薬学会 ヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体ニボルマブを
非小細胞肺がんに投与した4症例
2016.6.3~2016.6.4 緩和医療学会 ROO製剤の定期使用により 在宅療養が可能となった一症例  ~地域医療連携への薬剤師の関わり~
2016.9.17~2016.9.19 第26回日本医療薬学会 感染対策消耗備品費とMRSA感染症における医療経済性についての検討
2016.7 第9回中部感染症・化療フォーラム ワンポイントレクチャー:「感染制御」薬剤師の立場から
2016.7.11 関西腎と薬剤研究会兵庫セミナー すばらしい腎生のために病院薬剤師としてできること
~腎機能に応じた適切な薬物療法を提供する~
2016.1 知多消化器癌化学療法研究会 チームワークで目指す安全な化学療法 「西知多のチーム力」
2016.11.12 Team Management Seminar 皮膚障害の発現を抑えるための取り組み 「西知多のチーム力」
2017.1 周術期医科歯科連携講演会 がん薬物療法における歯科とのコラボレーション
2017.6.10 知多半島エリアの薬薬連携を考える会
知多半島のがん医療を盛り上げよう!
「知多半島エリアの薬薬連携を考える会」第1回アンケート集計結果報告と今後の課題について
2017.6.23 外来化学療法サポーティブケア講演会 ヒヤリとした事例から学ぶ化学療法の安全対策
2017.11.4 第27回日本医療薬学会年会 病院統合を機に薬剤師が一元管理したがん化学療法レジメン認証システムの構築
2017.11.4 第27回日本医療薬学会年会 薬剤科事務員、看護補助員に対する抗癌剤曝露による危険性についての教育
2017.11.4 第27回日本医療薬学会年会 チーム医療(EOLケアチーム)における病院薬剤師のACPへの関わり

所属学会

所属学会 人数
日本医療薬学会 6人
日本化学療法学会 4人
日本環境感染学会 1人
日本癌治療学会 2人
日本緩和医療学会 4人
日本緩和医療薬学会 5人
日本くすりと糖尿病学会 1人
日本結核病学会 1人
日本静脈経腸栄養学会 4人
日本腎臓学会 1人
日本腎臓病薬物療法学会 1人
日本乳癌学会 1人
日本薬局学会 1人
日本臨床腫瘍学会 1人

論文掲載・著書(過去4年分)

雑誌・書籍名 巻・号・頁・発行年 表題
愛知県病院薬剤師会雑誌 Vol.42
No.1,page.5-9,2014
薬剤性腎障害(連載)
調剤と情報 2014年12月号 腎性貧血に関連する検査値を薬物適正使用に活用しよう(連載)
ここが知りたかった腎機能チェック~薬剤師が処方せんと検査値から腎機能を評価するコツ~ 42156
調剤と情報 2015年12月号 年齢と共に低下する腎機能を考えよう!(連載)
日本環境感染学会誌 Vol.31 no.6,page370-377, 2016 「感染防止対策加算1」取得前後における感染対策備品費とMRSA感染症罹患率の変化

認定・専門薬剤師

各自認定・専門を取得し、業務に励んでいます。

保有資格名又は修了研修名 人 数
日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(5年継続) 8人
日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師 5人
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 7人
日本静脈経腸栄養学会 栄養サポートチーム専門療養士 4人
日本糖尿病療養指導士認定機構 糖尿病療養指導士 2人
日本腎臓病薬物療法学会 腎臓病薬物療法認定薬剤師 1人
日本アンチ・ドーピング機構 公認スポーツファーマシスト 1人
日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師 1人
日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師 1人
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師 2人
日本医療薬学会 がん指導薬剤師 1人
日本医療薬学会 がん専門薬剤師 1人
日本病院会 感染制御スタッフ 1人
日本結核病学会 登録抗酸菌症エキスパート 1人
臨床判断能力向上のための共有プログラム修了 1人
メサペイン適正使用講習修了薬剤師 1人
日本緩和医療学会 緩和薬物療法認定薬剤師 1人

栄養サポートチーム専門療法士

 当院での栄養サポートチーム(NST)活動は東海市民病院、知多市民病院の合併前から通算すると10年となります。
 対象となるのはすべての病棟に入院している患者さんです。そのため薬剤管理指導などを通して患者さんの病状や治療内容等を把握している各病棟担当の薬剤師が病棟毎のカンファレンスに参加しています。また栄養サポートチーム専門療法士の認定を受けている薬剤師は4名います。薬の専門家として栄養目的の輸液や栄養剤の選択、投与方法などに積極的に関わっています。

(岡戸洋 橋本通博 古田麻衣子 佐藤知香)

日本糖尿病療養指導士

(加藤滋宏 古田麻衣子)

 日本糖尿病療養指導士(CDEJ)は医師の指示のもとで熟練した療養指導を行うことができる医療従事者です。私たちCDEJは看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士で構成されており、それぞれの専門性を活かし、患者さんの糖尿病に最も大切な自己管理(療養)のサポートをさせていただきます。

認定実務実習指導薬剤師

 認定実務実習指導薬剤師は日本薬剤師研修センターから認定を受けた、医療現場における長期実務実習の際に指導にあたることができる薬剤師です。当薬剤科では従来の5名に2名が追加され7名の薬剤師が認定を受け、実習を構成しています。実際の指導は薬剤科スタッフ全員で行うだけでなく、医師・看護師など他職種の協力を受けながら、病院全体での実習となります。臨床を経験することにより臨床対応能力が向上するように心がけて実務実習を受け入れています。

(橋本通博 古田麻衣子 富田いゆき 佐藤知香 筧由紀子  横井隆 土井直美)

日本腎臓病薬物療法認定薬剤師

(古田麻衣子)

 透析や腎移植を受けられる患者さんの増加に伴い、新たな国民病として慢性腎臓病が注目されています。日本腎臓病薬物療法専門・認定薬剤師制度は、透析患者さんを含めた腎不全患者さんの多彩な合併症に対する最適な薬物療法の提供、心血管合併症の予防、中毒性副作用の防止、薬剤性腎機能障害の防止等、腎機能の低下した患者さんへの薬物適正使用を推進できるよう2012年に設立され、2015年度現在、全国で専門薬剤師16名、認定薬剤師85名になりました。患者さんに安心・安全に薬物療法を受けていただけるよう日々の業務に取り組んでいます。

公認スポーツファーマシスト

(富田いゆき)

 公認スポーツファーマシストは、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が創設した認定制度です。意図的な禁止物質の摂取は問題外ですが、不注意で禁止物質を摂取してしまうのが「うっかりドーピング」です。薬剤師が医薬品の知識とドーピング防止およびスポーツに関する知識を活用して、選手を「うっかりドーピング」の悲劇から守るための資格です。
 病院薬剤師よりも保険薬局の薬剤師でより必要とされる資格ではありますが、実際にスポーツ選手が病院を受診し、医師より処方可能な薬剤について質問を受けることもあり、病院薬剤師でも活用できる資格です。現在はインターネットなどで情報を得ることも可能ですが、禁止物質は毎年改訂があるため、それを把握し、正しい情報を提供するために重要な役割を果たしています。

日本医療薬学会 がん指導薬剤師・がん専門薬剤師

 がん専門薬剤師認定制度は、2009年11月に発足しました。2016年1月現在、がん専門薬剤師は全国で482名認定されています。がん専門薬剤師は、がん薬物療法等について高度な知識・技術と臨床経験を備え、がん治療を受けていただく方、その家族の方のサポートをする薬剤師です。
 「がん」と言われた時、それを受け止めて、前向きに治療を受けていくことはとても大変なことです。がん専門薬剤師は、がん治療を受けていただく方が自分らしく生きていけるよう、また家族の方が安心して見守っていけるようお手伝いさせていただくサポーターです。是非、お気軽に声をかけてください。心をこめてサポートします。
 また、当院は「がん専門薬剤師研修施設」になっています。5年間の研修期間を経て、がん専門薬剤師の受験資格条件の一つを得ることができます。がん医療の支えをしていくため、是非がん専門薬剤師になりたい!と願う薬剤師の方、薬学生の方、お気軽にお問い合わせください。

(伴晶子)

日本緩和医療学会 緩和薬物療法認定薬剤師

(土井直美)

 緩和薬物療法認定薬剤師制度は、緩和医療においてその普及活動とともに患者の生活の質(QOL)の向上のため、よりよい薬物療法の提供・支援を目指し、多職種と連携し、緩和医療の充実・発展に努めるため、2009年に発足しました。
 当院では医師・看護師・薬剤師を中心とした多職種で構成された緩和ケアチームが活動を行っており、病気と診断された時から緩和ケアに取り組み、痛みや吐き気などの身体のつらさや心のつらさなど全人的苦痛の緩和に努めています。その中で、薬剤師として適切な薬物治療や副作用予防などを中心に患者さんに安心して、安全な医療を提供できるよう心がけています。また、患者さんが最期まで自分らしい生活を送ることができるよう患者さんとご家族を支援しています。

日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師  日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師       日本病院会 感染制御スタッフ

(川﨑祥平   小林義和   吉岡祐貴)

 公立西知多総合病院は、安全な医療を提供することを第一の使命としています。特に、医療の質と安全の保障には院内の感染管理体制の強化が欠かせません。感染制御チーム(ICT)は医師・薬剤師・看護師・検査技師により構成され、感染症の治療と発生抑止に日々努めています。昨今は新興・再興感染症の流行や耐性菌による感染症などが社会的な問題になっており、徹底した院内感染防止活動が重要と認識しています。薬剤師は感染制御専門薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師を含む4名がICTのメンバーとなり、適正な抗菌薬治療に参画しています。個々の患者さんに使用される抗菌薬が有効、かつ、安全に投与されるために常に監視し、必要に応じて投与計画を提案できる体制を整えています。適切な抗菌薬治療は院内の耐性菌の発生と蔓延に寄与することから重要と考えています。また、院内の環境整備にも力を入れており、消毒薬の適正使用(使用濃度・使用期限のチェック、手洗いおよび手指消毒の指導)や、物品の配置等が適切に行われているかを巡回して確認しています。さらに、近隣病院との感染制御領域における地域連携にも積極的に参加して、情報の共有に努めています。

日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師 (小林義和)
日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師 (吉岡祐貴)
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師 (小林義和 ・ 川﨑祥平)
日本病院会      感染制御スタッフ (小林義和)

ページの先頭へ

患者さんへ

外来患者さんへ:院外処方について

 原則全ての患者さんに院外処方せんを発行しております。お薬は院外の保険薬局でお受け取り下さい。
 どの医療機関を受診しても、患者さん自身の薬の履歴を一元管理でき、薬の重複投与や問題のある飲みあわせの薬による有害事象を避けるために、「かかりつけ薬局」を決められることをお勧めします。
 あらかじめ保険薬局にFAXで処方せんを送っておくと便利ですので、ご希望の方は「FAXコーナー」へご相談ください。

入院される患者さんへ

 入院当日には、現在飲んでいる(使用している)お薬をすべてお持ち下さい。
 当院で処方されたお薬、他の病院から処方されたお薬の他に、ご自分で購入されたお薬、サプリメント、健康食品などもご持参下さい。
 また、これまでの薬の履歴が分かるように「お薬手帳」をお持ち下さい。「お薬手帳」は持参薬の確認資料としてだけではなく、医療機関の連携や患者さんと医療者の情報共有のためにも大切な情報源の1つです。

お薬の保管の仕方

 ・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
 ・間違って服用しないよう、お薬以外のものとは区別して保管してください。
 ・湿気・日光・高温を避けて保管してください。お薬によっては冷蔵庫に保管する必要のあるものもあります。
 ・飲み薬と外用薬は別々に保管してください。
 ・古い薬は捨てましょう。

お薬の飲み方の工夫

 ・粉薬が飲みにくい場合は、オブラートを使用するのも一つです。右上の絵のような円盤状のもの、袋状のもの、右下の写真のようなゼリー状のものがあります。ゼリー状のものには味付きのものもあり、お子様用もあります。

お薬管理の便利グッズ

 ・お薬の錠数が多くて管理が大変な場合には、用法毎に薬局でパックする「一包化調剤」をしてもらったり、お薬カレンダーや仕切りのある箱にセットすると管理しやすくなります。
 ・お薬の管理についてお困りの方は、気軽に薬剤師にご相談ください。

学生実習について

 ・当院薬剤科は,薬学生の実習施設です。
 ・長期実習として,薬学部の5年生が11週間実習を行います。
 ・5年生以降の実習生は,実習に先立ち統一試験を受け合格しています。
 ・実習生は,当院の薬剤師が責任を持って指導・監督します。
皆様のご協力とご理解をお願いいたします。

ページの先頭へ

学生実習

 薬学教育6年制によって,平成22年度から薬学生の長期実務実習が開始されました。当院には,5名の認定実務実習指導薬剤師が在籍しています。
 調剤業務・注射剤調剤業務等の薬剤師の基本業務を軸に,糖尿病教室や手術室,血液浄化センター,外来診療室,リハビリテーション室,放射線室,臨床検査室,臨床栄養室,医療ソーシャルワーカー等の業務体験や見学,各種カンファレンスや回診への参加を通じ,他部署との連携やチーム医療を考えるきっかけとなるようにしています。
 薬剤師業務の実習内容の一例としては,調剤業務、注射調剤業務、製剤業務、医薬品情報管理業務、外来化学療法業務、服薬指導、糖尿病患者体験等実際に体験できるようになっています。実務実習コアカリキュラムに基づいた内容が行えるように,テキストを用いています。
 6年制の実務実習以外にも,早期体験学習なども受け付けています。

 皆様のご協力とご理解をお願いいたします。

ページの先頭へ

診療案内・アクセス

外来受付 午前
8:30~
午前
11:00
休診日 土日祝・年末年始
面会時間 平日 午後
2:00~
午後
8:00

土・日・祝
年末年始
午前
10:00~
午後
8:00

お問合わせ ・ アクセス ・ 診療時間

お気軽にお問合わせ・ご来院下さい

お問合わせ

お電話でのお問合わせはこちら

0562-33-5500

よくあるご質問
メールでのお問合わせはこちら

アクセス

〒477-8522
愛知県東海市中ノ池三丁目1番地の1
電話番号:0562-33-5500
FAX番号:0562-33-5900

アクセス方法・地図

診療案内

外来受付 午前
8:30~
午前
11:00
面会時間 平日 午後
2:00~
午後
8:00

土・日・祝・年末年始 午前
10:00~
午後
8:00
休診日 土日祝・年末年始
ページの先頭へ Copyright©2015 Nishichita General Hospital all rights reserved.