看護局 副院長兼看護局長あいさつ

精一杯の真心と絶えることのない情熱を看護にそそぐ

 公立西知多総合病院が開院し3年目がスタートしました。「断らない救急」「地域連携」を軸として一歩ずつ前進をし、昨年度からは「質」へのこだわりも強めてきました。
 看護局の理念は、「生命や健康を護(まも)り、お一人お一人のご希望に寄り添いながら真心を込めた看護をお届けすること」です。私たちは「患者ファースト」を徹底し、常に患者さんの視点で考える姿勢にこだわってきました。在宅医療が推進されていますが、私たち急性期病院のスタッフも、地域の方々の生活の質(=QOL)を支える一員として努力していきたいと思います。そしてみなさまに愛され、信頼される病院、「患者・医師・看護師を磁石のように引きつけて離さない魅力ある病院」、つまりマグネットホスピタルとして成長をしていきたいと思います。

    副院長兼看護局長 植村 真美

私たち看護局が目指す2つの文化 ‘創発の文化’と‘ありがとうの文化’

 愛知県の地域医療構想が策定され、医療や介護を取り巻く環境が変化しています。私たちもこれまでの固定概念にとらわれず、みなさまの期待やご要望にお応えできるよう、変革していかなくてはなりません。創造性とコミュニケーションを基にした「進化する組織」「柔軟に対応できる組織」がとても重要であり必要であると思います。しかし、頭で考えるだけでは何も変革できません。「行動する」「実践する」力が伴わなくてはなりません。頭で考え、心で感じ、総合させて実践できるようにしていきたいと思います。そして、創発性豊かな組織文化の熟成を目指します。
 開院当初より大切にしている文化、それは何事にも感謝の気持ちを忘れず、「ありがとう」の言葉と笑顔を絶やさないということです。些細なことも「当たり前」ではなく、「有難いこと」であることを忘れてはいけないと思います。このような組織文化は、看護職員を看護の専門家として成長させるだけでなく、人としての深みや優しさを育みます。看護の質にこだわりながら、組織づくりと看護職員の育成に尽力します。

ページの先頭へ

診療案内・アクセス

外来受付 午前
8:30~
午前
11:00
休診日 土日祝・年末年始
面会時間 平日 午後
2:00~
午後
8:00

土・日・祝
年末年始
午前
10:00~
午後
8:00
ページの先頭へ Copyright©2015 Nishichita General Hospital all rights reserved.