ご利用者さまへ 入院のご案内

入院のお手続き

予約入院の場合

・外来受診の結果、後日入院することが決まった患者さまは、外来受診終了後に、「入院受付」窓口(3患者サポートセンター内)にて、入院時にご提出いただく書類等をお渡しするとともに、入院についてのご案内をいたします。
・入院当日は、「入院の際にご用意いただきたいもの」をご持参いただき、指定された時間までに「入院受付」窓口へお越しください。

緊急入院の場合

・外来受診後または救急受診後に緊急入院となった患者さまは、病態、家族の付添いの有無により、当日に入院手続きの説明ができない場合があります。そのような場合は、後日、病室までお伺いし、必要な手続などのご案内をいたします。


入院の際にご用意いただきたいもの

【すべての患者様】
 ・入院申込書
 ・入院誓約書
 ・入院患者入院履歴調査票
 ・診察券 
 ・健康保険証
 ・認印
 ・入院生活に必要なもの

【お持ちの患者様のみ】
 ・検査、手術等の同意書
 ・公費負担医療や福祉医療の受給者証
 ・限度額認定証
 ・他院の退院証明書
 ・お薬手帳

入院生活に必要なもの

衣 類 ねまき、下着類、バスタオル、タオル
食事用品 湯のみ、らくのみ、水筒など(割れないものをご用意ください。ペットボトルでの代用はご遠慮ください。)、
お箸、スプーンは病院で用意します。
その他 洗面用具、歯ブラシ、ボディーソープ(石けん)、シャンプー、ティッシュペーパー、ウエットティッシュ、
ビニール袋(汚れ物いれ)
イヤホン(テレビ、ラジオ等を利用される方は必要です。)、
上履き(滑りにくい靴タイプの物をご用意ください。)、

<必要な方はお持ちください>
紙おむつ(おしり拭き)、ビニール袋、おねしょシーツ、授乳用品(ミルク・哺乳瓶・乳首・ガーゼ・消毒用品など)、
お子さまのお気に入りのおもちゃ、本、
分娩及び手術を受けられる方に必要なものは、個別にお知らせします。
お願い ・服薬確認のため、現在服用中の処方薬(他院で処方された薬も)をお持ちください。
・電気器具、ゲーム機などの持ち込みは、看護師にご相談ください。
・その他、必要なものは看護師がお知らせします。
・持ち物には名前を記入してください。

・日用品などは、院内コンビニエンスストア(1階)にて、販売及び入院セットのレンタルを行っています。
 詳しくはコンビニエンスストアでお尋ねください。
 (営業時間) 午前7時から午後9時
・盗難防止のため、多額の現金やカード、貴重品はお持ちにならないでください。
  入院費のお支払いに必用な現金またはカードは、その都度ご家族にお持ちいただくことをお勧めします。

入院費の請求とお支払い

・入院中の医療費は、毎月月末で締め切り、数日後(平日)に「納入通知書」を病室までお届けいたします。
・退院時のお支払いは、退院当日に「納入通知書」を病室までお届けいたします。
・休日の退院が予め決まっており、休日中の診療内容が確定している場合は、直前の平日に「納入通知書」をお届けいたします。それ以外の場合は、後日精算とし、「納入通知書」をご自宅に郵送いたします。
・お支払いは、ご退院までに、1階の4自動精算または1総合受付「会計」窓口でお願いいたします。
・休日に退院される方は、7救急受付でお支払いできます。

ページの先頭へ

ご協力いただきたいこと

・病院敷地内は、駐車場も含め、全面禁煙です。皆さまの、ご理解とご協力をお願いします。
・携帯電話やスマートフォンについては、電磁波による悪影響はほとんどなくなったとされていますが、マナー、モラルの観点から、定められた場所での利用にご協力ください。
・入院患者さまは、入院中の駐車場の利用をお控えください。

ページの先頭へ

入院案内(PDF)

ページの先頭へ

包括医療費支払い制度(DPC)について

 当院は、厚生労働省が指定する「DPC対象病院」です。
 DPC対象病院では、入院医療費の計算方法にDPC(包括払い方式)が導入され、これにより「医療の標準化・効率化や質の向上」などが図られます。

DPCとは?

 「診断病名」と「診療行為」との組み合わせによる分類(診断群分類)をもとに1日当たりの定額医療費が決められる計算方式(包括払い方式)のことです。

 従来は、診療行為(項目)ごとの費用を積み上げる「出来高払い方式」により医療費を計算していましたが、平成28年4月からは、入院患者さんの病名や症状をもとに、処置や手術などの診療行為の有無に応じて診断群分類を決定し、診断群分類ごとに1日当たりの定額費用で計算する「包括払い方式」になります。
 ただし、処置(1,000点以上)、心臓カテーテル検査、内視鏡検査、手術、麻酔、輸血、リハビリテーションなどの費用については、従来通りの出来高払い方式により計算し合算します。

Q&A  よくある質問と答え

全ての入院患者がDPC(包括払い方式)の対象になりますか?

 基本的にはほとんどの入院患者さんが対象となります。しかし、下記に該当する患者さんについては対象外となり従来通りの出来高払い方式での計算となります。
 ○病名や診療内容が診断群分類に該当しない場合
 ○歯科医療で入院される場合
 ○正常分娩、労災、交通事故(自由診療)で入院される場合
 ○入院後24時間以内に亡くなった場合、生後1週間以内に亡くなった場合
 ○入院期間が長くなった場合(診断群分類ごとに決められた入院期間を超えた期間は出来高払い方式となりま
  す。)など

入院医療費は高くなるのですか?

 DPC(包括払い方式)では、傷病名や診療行為(処置や手術、リハビリ等)によって1日当たりの医療費が決まります。そのため、従来の出来高払い方式を比較した場合、高くなることもあれば安くなることもあります。また、入院期間によって1日当たりの医療費も変わります。

いつからの入院が対象になりますか?

 平成28年4月1日以降に入院された患者さんが対象になります。3月31日以前から入院されている患者さんについては、5月31日までは従来通りの出来高払い方式で計算します。6月1日分からDPC(包括払い方式)での計算となります。

高額療養費の取り扱いはどうなりますか?

 高額療養費制度の取り扱いは、これまでと変更ありません。また、各保険制度・各医療助成制度についても同様です。
【高額療養費制度とは】
  入院される70歳未満の患者さんで、医療費が高額になると思われる場合は加入している保険者(協会けんぽ、
 国民健康保険など)に申請すると「限度額適用認定証」が発行されます。入院時にこの認定証を提出すると、部屋
 代や食事代などを除く医療費の支払いが抑えられることがあります。

自己負担分の支払い方法は変わりますか?

 医療費(自己負担分)の支払い方法は、従来と同様で変更ありません。ただし、入院中の経過などで診断群分類が変わった場合は、入院日に遡って計算し直します。これに伴って請求金額に過不足が生じた場合は、退院時に差額の調整をさせていただきますのでご了承ください。

問い合わせ先

ご不明な点などがありましたら、医事課または患者サポートセンター内「入院受付」までお問い合わせください。

ページの先頭へ

診療案内・アクセス

外来受付 午前
8:30~
午前
11:00
休診日 土日祝・年末年始
面会時間 平日 午後
2:00~
午後
8:00

土・日・祝
年末年始
午前
10:00~
午後
8:00
ページの先頭へ Copyright©2015 Nishichita General Hospital all rights reserved.