人間ドック・健康診断案内 予防接種

帯状疱疹予防接種

帯状疱疹予防接種    料金8,400円(税込み)

子どものみずぼうそう(水痘)予防に使用されてきた水痘ワクチンが、50歳以上の方の「帯状疱疹予防」に使用できるようになりました。

帯状疱疹は子どもの頃に感染した”水痘・帯状疱疹ウイルス”が原因で、治った後も体内に潜んでおり、加齢やストレスで免疫力が低下するとウイルスが暴れだします。水ぶくれを伴う赤い発疹が、体の左右どちらかに帯状に出て強い痛みを伴うことが多く、症状が3~4週間ほど続くため、痛みや外見によって日常生活が制限されてしまうこともあります。
帯状疱疹の発症率は50歳代から急激に高くなり、帯状疱疹患者の約7割が50歳以上の方です。

接種を希望される方は健診センターにお申込みください。

実施期間

平成29年7月1日から

対象者

50歳以上の方
【推奨】
 帯状疱疹にかかると”水痘・帯状疱疹ウイルス”に対する強い免疫がつくため、帯状疱疹にかかったことのない方

その他

・心臓病や腎臓病、肝臓病、血液の病気など、基礎疾患のある方は、かかりつけ医に相談の上ご予約ください。
・先天性及び後天性免疫不全状態の方や、副腎皮質ステロイド剤や免疫抑制剤などの治療を受け明らかに免疫抑制状態の方、妊娠している方などは接種できません。また、当日の問診の結果で接種できない場合もありますのでご了承ください。
・予防接種は帯状疱疹を完全に防ぐものではありません。

ページの先頭へ

大人の風しん予防接種

MR(風しん・麻しん)混合ワクチン    料金10,200円(税込み)

免疫のない女性が妊娠初期に風しんにかかると、風しんウイルスが胎児に感染して、生まれてくる赤ちゃんが心臓の病気や耳が聞こえにくい、目が見えにくいなどの「先天性風しん症候群(CRS)」になるおそれがあるため対策が必要です。

接種を希望される方は健診センターにお申込みください。

接種費用の助成について

市町村によって接種期間や対象者、自己負担額、申込方法が異なります。
詳細についてはお住まいの市町村または健診センターにお問い合わせください。

ページの先頭へ

高齢者肺炎球菌予防接種

肺炎球菌予防接種    料金8,400円(税込み)

65歳以上になると、免疫力が低下し肺炎球菌による感染症にかかるリスクが高くなります。また、糖尿病や心疾患、呼吸器疾患、腎不全などの慢性疾患のある方や、病気の治療中で免疫力が低下している方、たばこを吸っている方は肺炎にかかりやすく重症化しやすいため、肺炎球菌ワクチンによる予防をお勧めします。

接種を希望される方は健診センターにお申込みください。

・かかりつけ医で予防接種を実施することをお勧めします。
・健診センターでの接種を希望する方は、かかりつけ医に相談の上ご予約ください。

接種費用の助成について

市町村によって接種期間や対象者、自己負担額、申込方法が異なります。
詳細についてはお住まいの市町村または健診センターにお問い合わせください。

ページの先頭へ

インフルエンザ予防接種

インフルエンザ予防接種    料金4,300円(税込み)

接種費用の助成について

市町村によって接種期間や対象者、自己負担額、申込方法が異なります。
詳細についてはお住まいの市町村または健診センターにお問い合わせください。

※季節型インフルエンザ予防接種は、接種開始日が決まり次第ご案内します。

ページの先頭へ

ご予約・お問い合わせ

健診センター

健診センターは予約制となっております。
接種を希望する日の1週間前までに電話または窓口にてお申込みください。
また、不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

TEL:0562-33-9800
FAX:0562-33-9801

受付時間:午前8時30分から午後5時まで
休 診 日:土日祝、年末年始

予約や受診の際は、次のものをご用意ください

・健康保険証
・診察券

ページの先頭へ

診療案内・アクセス

外来受付 午前
8:30~
午前
11:00
休診日 土日祝・年末年始
面会時間 平日 午後
2:00~
午後
8:00

土・日・祝
年末年始
午前
10:00~
午後
8:00
ページの先頭へ Copyright©2015 Nishichita General Hospital all rights reserved.