本文へスキップ

西知多医療厚生組合は、知多半島の北西部地域に求められる医療の確保・充実に向け、新病院を建設しました。

基本理念・基本方針

 西知多医療厚生組合は、新病院に求められている「二次救急医療や質の高い医療サービスを住民に安定的に提供すること」、「地域の医療機関が安心して患者を紹介できる地域完結型の中核病院となること」を実現するため、新病院の将来像を示す「基本理念」及び「基本方針」を策定しました。

基本理念

 新病院は、知多半島医療圏の北西部地域における中核病院としての使命を果たすため、次のとおり基本理念を定めます。
  1. 地域の皆さんとともに育む、心のこもったあたたかい病院を目指します。
  2. 質の高い医療を提供する、信頼される病院を目指します。
  3. 地域医療の担い手として、安心して暮らせるまちづくりに貢献します。

基本方針

  1. 患者さんの生命と人権を尊重し、安心安全な医療を提供します。
  2. 地域の基幹病院として、救急医療と急性期医療の充実に努めます。
  3. 地域の医療機関や保健・福祉機関と連携し、地域住民の健康増進を図ります。
  4. 教育と研修により、医療技術の向上と人間性豊かな医療人の育成に努めます。
  5. 職員がやりがいを持ち、安心して働くことができる環境を整えます。
  6. 健全な病院経営に努めます。